【MAYHEM】少年犯罪と少年法について考える

弾き語り【動画】
スポンサーリンク

どうもーJoe満(ミツル)ですっ!!

YouTube第二十三弾!!!

BLOODY IMITATION SOCIETYの楽曲を弾きかたりました!!

ブラッディはこれで、2曲目となります♪♪

前回の「pus came out」にコメントを頂けたので、BLOODY IMITATION SOCIETYの楽曲をさせて頂くことにしました!!

BLOODY IMITATION SOCIETYとは??

前回の記事もご覧下さい♪♪

今は、もう解散してしまっている4人組のラウド系バンドですね。

個人的には、少しファンクの要素も入っていたりして、メンバー、一人一人の出す音が好きなバンドでした!!

また、ボーカルの窪さんのメッセージ性の高い歌詞も魅力的でした♪♪

私が高校生の時なので、20年以上前の話ですね。

当時、彼らのライブに行って、初めてMOSHやDIVEを経験したのも懐かしいです(´∀`)

MAYHEMという楽曲

直訳すると「騒乱」とか「暴力」とか「故意に行う傷害」とか。

曲全体を通して、挙げられているのが、「少年犯罪」と「少年法」ですね。

この楽曲からは、窪さんの明確なメッセージと言うか、提示のようなものはありません。

どちらかと言うと、窪さんから「問題提起」されてるイメージで、私は受け取っています。

「少年犯罪」と「少年法」

未成年における凶悪犯罪の場合、議論に大きく上がるのは、「更生」か「厳罰」か、という2つの選択肢となります。

その中で、出てくるのが「少年法」について、そもそも、必要か、必要じゃないか、っていう議論ですね。

未成年は「守られる」べきか、そうではないか…

この議論については、私の立場で言えることは何もありません…。

情報として取り入れる際に、下記サイトを参考にして頂くと良いかもしれません。

少年法のない世界、想像してみませんか?|弁護士ほり|note
 1989年に起こった通称「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の加害者の1人とされる人物が埼玉県川口市で殺人未遂で逮捕された事件で、少年法がまた話題になっています。  中には「少年法は再犯防止に役立っていない。少年法を廃止しろ」という人もいるので、ここでちょっと考えてみましょう。 少年法が存在しなくなったら、具体的...

下記記事では、「更生」か「厳罰」か、もう1つの必要性として「治療」というものが挙げられています。

平成に起きた未成年による凄惨な殺人事件、死刑執行された事件も
平成は「光市母子殺害事件」「神戸連続児童殺傷事件」など、未成年者による残忍な凶悪事件が相次いだ。昭和末期にも「女子高生コンクリート詰め殺人」「名古屋アベック殺人」のような事件史に残る想像を絶する凄惨な事件が相次ぎ、そのたびに「厳罰が必要」「更生が優先」など少年法を巡る議論が起こってきた。

「少年法」については、一言に賛成も反対も言えません。

しかし、取り巻く環境などによっては防ぐことのできる犯罪も多々あったであろうと推察します。

私たちにまず、できることは、それぞれが「犯罪のない環境が作られるような生き方」をすることではないでしょうか。

最後に弾き語り動画です♪♪

ラウド系ロックをアコギで弾き語り。前回も同じこと言っていますが、無理があります…( ̄▽ ̄;)

良かったらご覧下さい♪♪

【MAYHEM】BLOODY IMITATION SOCIETY by Joe満(ミツル)

コメント

音楽、大好き39歳男性。
中学入学と同時にギターを始める。今でも演奏するが、上手くはない。
趣味は、音楽制作や映像制作。暇さえあれば商品レビューを見ている。
映像・音響・照明などの裏方を生業にしている。
独りよがりな情報発信をしているが、結果的に誰かの役に立ちたいと考えている。

Joe 満(ミツル)をフォローする??