【帰れない2人】JUDY AND MARYの名曲っ!!アコギが青く切ない若き恋心を奏でる。

弾き語り【動画】
スポンサーリンク

どうも〜!Joe満(ミツル)でございます!!

YouTube第四十三弾!!JUDY AND MARYの隠れた名曲!!「帰れない2人」をアコギで弾き語りましたっ!!

この曲は、TAKUYAのギターが超絶カッコイイし、楽曲も青く切ない恋心を表現していて、とてもグッと心に響きます♪♪

YUKIちゃんの作詞も素晴らしいですしね(´∀`)♪♪

JUDY AND MARYというバンド

私がギターを始めて、色んなバンドの楽曲を聴き漁ってた中でも、JUDY AND MARYはドップリハマりました♪♪(´∀`)

中学生から社会人になる頃まで、ずっとチェックしていた大好きなバンドです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

解散が決まった際に行われたラストツアー「WARP TOUR」を見に行かなかったことを、今だに後悔しています…(^ω^;);););)

マジで、なぜ行かなかった…自分…( ; ᯅ ; `)

JUDY AND MARYの名前の由来

1991年6月に、ベーシストの恩田さんが、YUKIと出会うことから、JUDY AND MARYの結成のストーリーは始まります。

元々、恩田さんはメインの別のバンドを持っていたのですが、1992年にJUDY AND MARYは結成され、インディーズレーベルよりアルバムをリリースします。

“Judy And Mary”というバンド名は…

快活でポジティヴな女のコ“ジュディ”

少しひねくれ者のネガティヴな女のコ“マリー”

という女の子の二面性を表しているそうです♪♪(´∀`)

それが、そのままYUKIちゃんのイメージにも当てはまり、かつ、恩田さんが構想を練っていた『女のコが歌うポップで切ないサウンドをバンドでやる』というイメージにも合致していたわけなのです♪♪(´∀`)

JUDY AND MARYの魅力

メンバーは下記の通りです♪♪

  • YUKI・・・ボーカル
  • TAKUYA・・・ギター
  • 恩田快人・・・ベース
  • 五十嵐公太・・・ドラム

JUDY AND MARYの魅力は、メンバー一人一人の表現力の高さにあると思います♪♪(´∀`)

YUKIちゃんのボーカルは、抜けるように高らかで、とっても個性的でありながら、表現力が豊かですよね♪♪

TAKUYAのギターも、個性的で、テレキャスから放たれるカッティングとフレーズのアレンジの豊かさやトリッキーな感じに、超絶、憧れました♪♪

恩田さんは、リーダーとしてバンドの軸でありながら、楽曲の上でも、暴れまくるTAKUYAのギターをベースで、下からガッチリ支えています♪♪ロック魂を感じられるところも魅力です(´∀`)

公太さんは、確かフュージョン系の音楽もされており、グループ感溢れるドラミングで、楽曲に安定感と躍動感を上手く与えていますね♪♪確実にメンバーに安心感を与えていたと思います(´∀`)

「帰れない2人」という楽曲

YUKIが中学生だった時の恋愛を描いた作品だそうです。

若くて青くて、澄んでいて、そして、切ない・・・そんななんだか懐かしく、胸を締め付けられるような切なさのある詞となっています。

曲はアコギのみの演奏になっており、JUDY AND MARYとしては、珍しい構成(アコギだけってことね)になっております♪♪(´∀`)

作曲は、TAKUYAと思いきや、なんと、恩田快人さんですっ!!

ギターのアレンジはTAKUYAの才能がキラリと光る巧みなアルペジオと音づかいで、作品に惹き込まれますね。

弾き語り動画っ!!

では、最後に私の弾き語りをご覧下さい♪♪(´∀`)

拙い演奏と歌ですが、良かったら観てみて下さいっ!!

ギターを始めたいって方を応援しています♫

下記はこれから始めようって方に向けた、スターターセットになります♫( ^ω^ )

コメント

音楽、大好き40歳男性。岡山県在住。専門学校講師。
中学入学と同時にギターを始める。今でも演奏するが、上手くはない。
趣味は、音楽制作や映像制作。暇さえあれば商品レビューを見ている。
映像・音響・照明などの裏方を生業にしている。
独りよがりな情報発信をしているが、結果的に誰かの役に立ちたいと考えている。
取得資格:舞台機構調整技能士1級、第二種電気工事士、秘書検定2級

Joe 満(ミツル)をフォローする??Please!! follow me!!!♫