【パートナーシップ】について(後半)

人間観/哲学/教育論
スポンサーリンク

どぃもー!Joe満(ミツル)でーすっ!!

パートナーシップについて、後半も張り切って参りましょうっ!!

前半はコチラからっ!!

前半のまとめ

前半で、何が言いたかったかというと…

  • 人は「愛する」ことしか出来ない
  • 自分の本当の想いを見つめ「愛する気持ち」を自覚することが大切
  • 「愛する気持ち」を体現することが大切

「愛する」先にあるもの

自分自身がパートナーを、大切に想っていて、「愛する気持ち」を体現できれば、きっとパートナーは「愛されている」と感じられるのだと思います。

ここで、残念ながらパートナーが、自分に対して「愛する気持ち」が、無ければ…

「めっちゃ愛してくれてるんだけど、私はそういうんじゃないんよね…( ̄▽ ̄;)」

終了。

と、なっちまいますね。

けれども、パートナーシップを築く上で、お互いに「愛する気持ち」を持った上でスタートするわけですから、「愛する気持ち」を体現することで、「愛されている」と感じ、「愛する気持ち」が膨らむという好循環が生まれると考えます。

「愛は二人で築き上げるもの」

アドラーもこのように説いています。

「愛を二人で築き上げていく」上で大切なのは、相手がどのように考えているかは、重要ではないということ。

自分自身がパートナーを、大切に思い、愛しているという事実だけが重要なのだと思います。

パートナーに求めてはいけない

「愛を築き上げる」上で、パートナーに求めることは何も無いと考えます。

自分はこんなに愛しているのに…とか、こんなにしてあげてるのに…とかは自分のエゴでしかありません。(前半でも軽く触れてます♪♪)

自分の愛を体現することは大切ですが、相手に求めるのは何の意味もないと思います。

「愛する気持ち」は浮き沈みする

パートナーに求めても求めなくても、自分の「パートナーを愛する気持ち」は浮き沈みしてしまいます。

やはり「愛されている」と感じれば「愛する気持ち」が大きくなることも確かです。

ならば、出来ることは自分の「愛する気持ち」を体現することしかないのですっ!

相手の自分への想いを測る前に「愛する気持ち」を体現することが「愛を二人で築き上げる」ことに繋がると考えます。

また、結構、簡単に「愛する気持ち」が沈むのも確かだと思います(´°Д°`)

不安感不信感を抱いてしまった途端に「愛する気持ち」は沈んでしまうものです。

それを払拭できるのもやはり「愛する気持ち」を体現することで得られる「愛されている」という感覚でしかないように思います。

もしくは、不安感や不信感を抱かせないような配慮もできるかもしれません。

パートナーがいるからこそ「愛する気持ち」が生まれるし、お互いの気持ちを感じられるからこそ「築き上げる」ことができるのだと考えます。

長く続いていくこと

「二人で築き上げる」ということは、完成されないということだと思います。

人生と同じで終わりがなく、続いていくことなのだと感じます。

同じところに留まらず、日々変化し、積み上げていく。

パートナーシップで得られる幸福感は、日々大きく成っていくものなのかもしれません。

私と奥様もまだ発展の最中です♪♪

パートナーシップを築く上で

ここでは、私と奥様で築いてきたパートナーシップの話をさせて頂きますっ!!

ちなみに現在、結婚14年目を迎えたところでございます(о´∀о)

今は良好だと感じているパートナーシップですが、なかなか紆余曲折ありました…(´ヮ`;)

パートナーとしての在り方

私と奥様の紆余曲折の一端をお話ししていきます。

ちなみに、私個人の感じたことをベースに書きますね。(奥様へ♫違ってたらすいません)

奥様と出会った頃は、恋愛の失敗経験を活かしたいと考えていました。(詳しくは前半を見てね♪♪)

しかしまだこの頃は、漠然と「相手を大切に出来てなかったなー」くらいの認識しかなかったので「大切にしなければ!!」という思いが先走っていたように思います。

そして、「大切にする」=「生活を守る」にシフトしてしまったように感じます。

結果「愛する気持ち」がどんどん胸の奥へ押しやられていきました…(´ヮ`;)

まぁ、同じ過ちを繰り返したわけですね。

私は「パートナーとしての在り方」を履き違えていたのだと思います。

しかし、奥様は「より良く生きること」や「パートナーシップを築くこと」や「親子の関係」などについて、深く追求し、その中で自分にしっかりと向き合いながら生きる人です。

妥協をしない人だとも言えます。

価値観の相違

価値観の違いによってぶつかることはパートナーシップにおいて、よく耳にすることと思います。

今から考えると、恥ずかしいことでもあるのですが、私は「自分の価値観が間違っているはずがない」と決めつけて奥様に接していました。

働いてお金を稼ぐという大きな役割を果たし、家庭を顧みることが難しいのも仕方ないという価値観を前提に、どうして理解してくれないんだ!!という考えを巡らせていました。

子供もいましたので、「教育の在り方」においても、価値観の相違により夫婦関係を拗らせる要因になっていました。

奥様は、そんな私を前にしても、「こんな関係で良いの?」「もっと出来ることがあるんじゃないの?」と投げかけてくれました。

その根底にあったのは、いつでも「より良く、豊かな生き方があるのでは」「より良く、豊かなパートナーシップが築けるのでは」「より良く、豊かな親子関係があるのでは」ただただ追求する姿勢でした。

奥様との対話の中で、追求し続けるその姿や妥協しない芯の強さを感じるとともに、私は徐々に価値観を広げていくことができました♫

つまりは、私が「自分の価値観を押し付けた」のに対して、奥様は「二人にとってより良い価値観を探していた」のです。

自分の在り方

奥様との対話の中で、「パートナーシップを築く上で、自分の在り方をしっかりと見つめ直すことが大切」なのだと気付かされました。

もっと言えば、パートナーシップに限らず、「人生をより豊かに生きる術」を与えてもらったように感じます。

これって凄いことだと思います!!

ちなみにこの記事を含む、すべての記事は、奥様との対話の中で生まれたものになります。

自分にとって本当に大切なものは何かを見つめ、追求し続けること。

何気ない日々の中で流されそうにもなります。その中にあっても、思考し追求し続けることこそが、豊かさに繋がるのだと知りました。

パートナーシップを築く上で、まずは、こういった「自分の在り方を確立」させることが不可欠のように思います。

ちなみに、アドラーの入門書とも言える「嫌われる勇気」を読んだ時に、的確にそれを捉えているな♪♪と感じました゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚

運命の人はいない

これは、アドラーの思想でも語られています。

運命の赤い糸という言葉もありますが、アドラーは「運命はない」と言います。

言うなれば、それは「決意」することなのだと説いています。

「この人と寄り添い、生きていこう」という「自分への決意」の元、「愛を二人で築いていく」、その結果、振り返った時に「運命」を感じるのかもしれない。と。

この思想に私も、乗っかりますwww

たまに、「運命の人じゃなかった(ノ≧ڡ≦)」という言葉を、耳にしますが、

それ、言い訳じゃね?( ・᷄ὢ・᷅ )

って思います。

何気ない日々の中で、「この人と一緒にいたい」という想いから、いつしかそれが、「自分への決意」に変わった時こそが、パートナーシップを築く第一歩なのではないでしょうか?

余談ですが、私たち夫婦の披露宴で使用した入場曲が「決意の朝に」って曲でした♪♪

今思えば、まさに「決意」を表明した瞬間だったように思います(∩´∀∩)♡

心変わりについて

先にも述べたように、互いが「愛する気持ち」を体現することで「愛を二人で築き上げる」ことが出来ればパートナーシップによる「所属感」が得られ、一つの「共同体」として幸せを感じられると思います。

しかし、「愛する気持ち」が揺らぐのも事実であり、自分も意図せず、すり減るものだと思います。

これは「不安感」や「不信感」などから「所属感」が薄れ、「共同体」という意識が持てなくなることなのだと思います。

その中で、浮気や不倫の関係などが生まれるのかもしれません。

その目的が、パートナーへの当てつけ、なのか、本当の幸せへの追求なのかは分かりません。

何にしても、「心変わり」は起こり得るものだし、悪い事だとも思いません。

個人的には浮気も不倫も意味が分かりませんが・・・(´ヮ`;)

とりあえず、パートナーとちゃんと別れるなりの話をする方が先ではないかと思います( ・᷄ὢ・᷅ )

ともあれ、「心変わり」は起こりうるし、「自分にとって本当に大切なもの」を見つめることができていれば、新たな幸せを得ることも出来ると思います。

場合によっては、パートナーとの別れが、決して「マイナス」ではなく、お互いにとっての「新たな一歩」にも成り得ると思います♫

まとめ

長くなってきたので、まとめますっ!!

ちなみに「パートナーシップ」については、語り尽くせるものではない気がしますので、折々で触れていきたいと思います♪♪

アドラーでいう所の「動物的な愛」もパートナーシップにおいて、切り離せない重要な部分だと思いますし♪♪

とりあえず今回のまとめっ!!

  • パートナーシップの前提として、自分の在り方を思考し追及し続けることが、必要不可欠!!
  • 「何かをしてあげる、してもらえる」だとか「与える、与えられる」だとかは必要無く、自分の中にある「愛する気持ち」のみが重要!!
  • 人は皆「愛する気持ち」に浮き沈みがあるということを知る!!
  • パートナーシップとは「愛を二人で築き上げるもの」である!!

私の考えるパートナーシップの一端についてお話してきました(о´∀`о)

先程も触れましたが、まだまだ発展段階ですので、また新たな気付きなど、得られれば記事にしていきまっす♪♪

この記事が皆様の何かのお役に立てれば幸いです。

コメント

音楽、大好き39歳男性。
中学入学と同時にギターを始める。今でも演奏するが、上手くはない。
趣味は、音楽制作や映像制作。暇さえあれば商品レビューを見ている。
映像・音響・照明などの裏方を生業にしている。
独りよがりな情報発信をしているが、結果的に誰かの役に立ちたいと考えている。

Joe 満(ミツル)をフォローする??